Snoezelen in Japan, and our project: “Relax'Creation”

Written by
Rate this item
(0 votes)

 

Atsuko Hashimoto

It is said that more than 400 places introduce and practice Snoezelen, as rooms in Japan. In our country, in 1990’s, Snoezelen has begun to spread out as a leisure for people with severely disability, but as therapy, these days.

In addition, the application to people with dementia begins to spread little by little.

 

There are 2 organizations of Snoezelen in Japan, and mainly staff of institutions for people with disabilities participate in it. And sometimes people of many disciplines, for example, a university professor , or hospital staff attend study meetings. However, at present, there is nothing connecting these groups.

While I feel there are many possibilities for Snoezelen, I know that its influence is low in Japan, so I launched the “Relax'Creation project” three years ago, with the intention of providing Snoezelen to many children. Then, I visited Europe to get some ideas from the countries where Snoezelen has spread to.

I attended coach training in WorldwideSnoezelen, and learned that Snoezelen should be providing by a team. Because of this, I strongly realized that Snoezelen has not developed in Japan, and decided our project will act as a bridge, and connect all people who are practicing snoezelen.

Originally, I’m a director of TV programs and Web-based programs for children.

In cooperation with each professional such as university professors and experts, the creators, Iprovide programs which attract the interest of children, and increase their desire to learn.

These programs that I produced are used in schools or individual homes.

Children work on it if interesting, but get tired immediately if it is not interesting.

The key is how to attract their interest, by making learning fun. There are many points which are common to a therapist providing snoezelen regarding this point.

The reason why I have begun to practice in snoezelen is two-fold. Firstly, many Japanese teachers have problems regarding these children, and I feel we need to support these children, I especially feel the need to support children who may have special needs.

In Japan, a child can receive professional support if that child goes to a school for child with special needs, but the cases where they enter the ordinary schools increase because of few number of taking schools for children with special needs, and parent’s desire to send their children to such a school. However, in the Japanese ordinary school, the system that can support such children is insufficient.

According to the statistics of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of 2012, approximately 614,000 children are referred to as being in the

"grey zone of developmentally disabled " having some kind of difficulty in learning or action, that is 6.5% students of the elementary and junior high schools of Japan.

Of these, approximately 40% do not receive support in particular.

Snoezelen is applied as leisure or therapy, only for people who have named “disabilities” or “disease”, in Japan.  Basically, only the children to whom a definitive diagnosis are given to snoezelen. I always look at this with considerable suspicion. This is because I think that support should be available for a child regardless of whether or not they have been officially diagnosed. However, radical reform is necessary concerning this problem something which can be easily settled.

Therefore, Relax'Creation project suggests and creates some programs that do not limit utilization concerning people with a disability", and we help children and the teachers who need support. This is one of our missions.

And the second reason is that there was a huge earthquake in Tohoku in 2011.

After this earthquake, it was reported that there were children who showed signs of  trauma in the affected areas. I am convinced that a Snoezelen environment can provide an affectionate atmosphere to such children who can't express their feeling in words.

By deepening our understanding for Snoezelen of many people, if such a disaster occurs again, children would be able to access an environment where they can relax immediately.

Our project has provided snoezelen experience as only events until now, but we will open a permanent small room next year. In addition, in cooperation with the local government, we received a promise to establish a Snoezelen room for the general place public within 4 years.

Snoezelen in Japan has so much more potential. I would like to spread the endless possibilities of Snoezelen in Japan by demonstrating how successful Snoezelen has been in those countries that have embraced it.

 

【日本におけるスヌーズレンの現状とRelax’Creation projectの取組について】 

橋本 敦子

現在、日本においてスヌーズレンはルームとしては400か所以上が導入・実践をしていると言われている。重度知的障害者の余暇活動として、日本にスヌーズレンが広まり始めたのは1990年代であるが、昨今はセラピーとして取り組もうとする人も増えてきている。また、認知症の老人への活用も少しずつ拡がり始めている。

日本にはスヌーズレンに関する組織が大きく2つあり、そこには施設職員が中心に参加している。また時々、大学教授、病院関係者等、様々な人が参加し始めている。しかし、現段階では各々が模索しながら取り組む「点」の状態であり、それが繋がる「線」の状態にはなっていない。

私はスヌーズレンに多くの可能性を感じつつも、まだ日本でスヌーズレンの波及度が低いことを知り、多くの子どもたちへ届けられるようにと3年前にRelax’Creation projectを立ち上げた。そして、スヌーズレンが波及している国々から何かヒントを得ようとヨーロッパを訪問した。

それから、オランダのWorldwidesnoezelenではコーチトレーニングを受け、「スヌーズレンはチームで取り組むことが大事だ」と教わった。そして、日本はこの点において、まだまだ未発展であることを強く実感し、日本におけるスヌーズレンの「点」が「線」になるようなプロジェクトにすることを決意した。

私の本職は、子ども向けTV番組やWEBコンテンツのディレクターである。 

大学教授や各専門家、クリエーター等の各プロフェッショナルと協力し、子どもたちの興味を駆り立て、意欲的に学べるようなコンテンツをディレクションすることが仕事だ。

制作したコンテンツは個々の自宅・および学校内で活用されている。

子どもたちは面白ければそれに取り組むし、面白くなければすぐに飽きてしまう。

いかに本人の意欲を引き出し、楽しんでもらえるかがキーポイントであり、その点でスヌーズレンを提供するセラピストに共通する部分が多い。

私がスヌーズレンに取り組みはじめた理由は大きく2つある。

まず1つめに、日本の多くの教師が抱えている問題により、私たちはそれをサポートする必要が出てきたからである。それは、特別支援、特に普通学校における「気になる子」の存在の支援である。日本では、特別支援学校では専門的な支援を受けられるが、特別支援学校の数の少なさや親の希望等により、支援を必要とする子どもが普通学校へ進学するケースが増えている。しかし日本の普通学校では、そうした子どもたちをサポートできる体勢が不十分なのである。

2012年度の文部科学省の統計によると、日本の小中学校の児童・生徒のうち、学習面や行動面になんらかの困難さを持っている「発達障害グレーゾーン」と呼ばれる子どもたちは約61万4000人も(6.5%)存在している。 このうち約4割は特に支援を受けていない。

日本でスヌーズレンは主に、「障害」や「病気」と名前のついた人たちに対する余暇及びセラピーに活用されている。利用者が子どもの場合も、基本的に「発達障害」だと確定診断が出た児童のみへの適用されている。私はこの現状に大変疑問を持っている。

診断名がつくかつかないかにかかわらず、支援が必要な子どもたちに対して届くべきものだと考えるからである。しかし、この問題については抜本的な改革が必要であり、なかなか簡単に解決できるものではない。

そこで、Relax’Creation projectでは、スヌーズレンを「障害者のためのもの」と、活用を制限するのではなく、利用者全てが活用できるユニバーサルな空間として活用することを提案し、支援を必要とする子どもたちや教師の一助となっていくことをミッションの1つとしている。

そして2つめの理由が、2011年に東北で巨大な地震が起こったことである。

この地震の後、被災地ではトラウマがあらわれている子どもたちがいると報じられた。

私は、こうした子どもたちが言葉で表せない不安をスヌーズレンの環境は優しく包み込んでくれるものであると確信している。

多くの人々のスヌーズレンに対する理解を深めることによって、もしまたこうした災害が起こった時に、子どもたちは心の休まる環境を早急に享受できるかもしれない。

このような理由から取組はじめたプロジェクトでは、これまでスヌーズレンの体験イベントを何度か行ってきた。そして、ようやく来年には小さな常設を設けられることになった。また、市と連携し、公的な場にスヌーズレンルームを設立する約束を取り付けるところまできた。

日本におけるスヌーズレンはまだまだ多くの可能性を秘めている。

今後も海外での事例等を紹介しながら日本におけるスヌーズレン活用の幅を紹介していきたい。

 

 

 

 

 

 

Read 2709 times